top of page

今日のごうりん#66


蒲生のclassicにいった。

蒲生はのどかな風景が広がって

街の人たちが忘れた何かを

まだちゃんと大切にしてるような

そんな空気感がある。



classic(くらしっく)はその象徴みたいなお店だと思う。

大量生産、大量消費の流れから解き放たれた

素敵なものたち。哲学たち。



ここに出店してる、ひひひのマーシーさんに会いに。12.23(金)CAPARVO HALLでのワンマンライブの衣装の話をしに。

実際に会うのは初めてで

周りの人たちに紹介してもらって

"初めまして"出来た。



名前は知っててもすれ違ってる人

知り合う機会のなかった人たちが

鹿児島にもまだまだいる。

そういう人たちがあっというような

面白い哲学や技術やアイデアを持ってたりする

鹿児島では浮いてしまうほどのものを

持ってたりする。すごいや。



初対面の気恥ずかしさを抱えながら

イメージを伝えた。

マーシーさんは真摯に気さくに聞いてくれた。

どうなっていくかわからないが

ワクワクすることだけは確か。




鹿児島、アイリッシュ音楽楽団

honestのライブもあった。

ことはちゃんが走り回り遊びまわるので

それを見守りながら聞いた。

心地よい音楽、いつまでも聴いていたいような。

どうやって普段練習してるんだろ。

いいよなぁ。honestとも一緒に音楽したらどうなるんだろう。気持ちよさそう。




classicの周りや店内には

子どもたちがたくさん遊んだり音楽聴いたり

走り回ってた。

とてもよい時間が流れてた。




帰りに蒲生神社に立ち寄り

日本一の大楠を見た。


推定樹齢1600歳の大楠と1歳8ヶ月の娘

1598歳差






蒲生の空気感、いいなぁ。

鹿児島市とは全然違う。


なんか懐かしい感じがする。





昨夜、コジマサトコがここのブログ

コジマサトコとライブした時の話の回(#63)を

Twitterでめっちゃいいわぁと紹介してくれた。


そのおかげで#63めちゃ閲覧者数増えてて、さすがコジマサトコだなぁと。笑



おれすげーの作ったよ!

と自分で言うよりも

ひとに、あいつ良いの作ってるよ!

と言ってもらう方が良いですね。

これからは皆さん、よろしくお願いします。

コジマサトコとのツーマンライブ

さとことごうの38の配信アーカイブ

こちらからご購入ください!


"コジマサトコ"がめっちゃ良いんで!

(本当に)


















閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page