top of page

今日のごうりん#32 2022/10/19



山下冗談さんの電話で目覚めた。

今日は冗談さんと撮影しながら

おじさん2人旅

色々撮ってみようかの日だ。



冗談さん宅から一緒に車で川内へ。

道中、話は止まらない。

今年初めにラジオで共演してから

かなり距離の近づいた2人。

なんだかラジオの続きのような

そんなトーンでやり取りする。

行きの車もあっという間だ。

車を降りてスポットを探す。

時に鋭い目で冗談さんは光を捕まえる為

こっちに立ってみて、と指示を出す。

さすがだなあ、と僕は言われるままにポーズをとる。

ある程度撮影してまた移動。

移動となるとまた喋りは止まらない。

おじさん2人、リスナーゼロのオフラインラジオは続く。




ごうくんはスケベ数学教師の顔つきも出てきたよね。と冗談さん。

自分では気づかなかったです、みなさん、出てますか私。スケベ数学教師感が顔に。




郡山に移動してまた撮影。


僕は撮影されるのが苦手だ。

どんな顔してていいかわからない。

カメラ見てた方がいいのか

真顔なのか笑うのか。



冗談さんは、自然にしててよと

ずっと言ってた。

自然かぁ、と思いながらポーズを取る。

信頼して委ねる。



なんかこの委ねられる感いいなぁと思う。


いろんな場所で、光を集めて撮影を終えた。



そして家に帰ってからもまた喋り。

ラジオとかやれたらいいよねーと

話は尽きない。

ストリートな感覚を持つ冗談さんの話から

多分僕は色々パクってる。

そういう人が周りにいてくれるのありがたいなぁ。




撮影された写真の完成がどんな感じになるか楽しみだ。公開お楽しみに。



冗談さんが始めたポッドキャスト

"わかまつごうならよかったのに"

2回まで公開されてます

よかったらこちらも聴いてね。

※僕は出てません




追加

冗談さんと別れ、家族と合流。

義母も交え、大好きな

サカノウエユニークを食べる。

美味いもの作る人たちを尊敬する。


帰宅するとすっかり夜で

ふと車から荷物を運びながら

星に芽を奪われた。

平川の山奥。

星が綺麗なだけでも

ここに住んでてよかったと思える。


閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentáře


bottom of page